【読書】電子書籍は本じゃない?紙の本好きがKindle、楽天Koboを使ってみた

つい最近、電子書籍デビューをしました。

今まで紙の本を好んで読んできた私が感じた紙の本との違い、電子書籍の魅力や特徴についてまとめたいと思います。

  • 電子書籍を使ってみようか迷っている
  • そもそも電子書籍ってなに?
  • 潔癖症
  • ミニマリスト

という方におすすめの記事です。

電子書籍と紙の本、それぞれのメリットとデメリット

最近では、スマホやタブレットで気軽に読める分、電子書籍派の方も増えてきているのではないでしょうか。

しかし、まだまだ紙の本で読むことの方が多いように思います。

まずは、電子書籍と紙の本を比較してみます。

電子書籍のメリット・デメリット

電子書籍を使えば、

  • スマホやタブレットがあればすぐに読める
  • 場所を取らないので、大量の本や漫画を管理できる
  • 暗い場所でも読める
  • 紙の本より価格が安く、割引キャンペーンも開催される
  • 経年劣化の心配がない

このようなメリットがあります。

まず、スマホやタブレットがあればすぐに読めるため電子書籍へのハードルがグッと下がって、お試しで利用しやすいという特徴があります。

私自身、専用の電子書籍リーダーが必要だと思っていたのですが、急いで買わなくても問題ありませんでした。

毎日使うスマホにアプリをダウンロードするだけです。

個人的にはスマホでも読みづらいなんてことはないし、むしろ余計な荷物なしで移動中も読書を楽しめるので、しばらくはスマホで読むだろうと思います。

また、わざわざ書店に足を運ぶことも、ネットで注文後、商品が届くのを待つタイムラグもなくなります。

気になる本をポチッとして数秒後には読めちゃうんですよ・・・!

基本的に電子書籍は紙の本よりも安く購入できて、割引キャンペーンも頻繁に行っているため、書籍をお得にゲットできます。

紙の本は書店で購入しますが、書店は「再販売価格維持制度(再販制度)」を守ることが義務付けられています。

出版社(メーカー)が個々の出版物の小売価格(定価)を決めて、書店(販売業者)で定価販売できる制度です。この制度は、独占禁止法で認められています。

引用元 再販制度|日本書籍出版協会

つまり、紙の本の価格が安くなることはありません。

しかし、電子書籍は再販制度の対象外となるため、割引などで安く購入することが可能になります。

本を割引価格で買うことなんて、今までなかったので、お得感満載で結局2冊、3冊と増えていき、紙の本を買っていた頃よりも多く読むようになりました。

そして、なんと言っても 大量の本や漫画の管理がしやすいということが電子書籍の最大のメリットと言えるでしょう。

どれだけ部屋が狭くても大丈夫です。

「持ち運べる本棚」に収納しちゃえば、スマホやタブレットの中に保管されるため、スペース確保で悩む必要はなくなるわけです。

また、経年劣化や日焼けも気にしなくてよくなります。

一方でデメリットもあります。

  • 実物がないため、読んだ実感を得ることが難しい
  • スマホで読む場合、目が疲れやすい
  • リーダーを購入すると初期費用がかかる
  • 電子書籍向きのものとそうでないものがある
  • 電子書籍ストアが閉店すると、購入した電子書籍が読めなくなる恐れがある

さて、次はデメリットを見てみましょう。

まず、実物がないため、読んだ実感を持ちづらいです。

私が電子書籍を積極的に使わなかったのは、まさにこれが理由でした。

紙の本だと、あと何ページくらいなのか、表紙の質感、本の匂いなど色々感じながら読み進めていくことができます。

それが電子書籍になると、匂いも、自分がどれくらい読み進めたのかも、感じ取りづらくなります。

私は、新品の本の匂いや、ページをめくりながらじっくり読むのが好きなので、この点は紙の本派からすると大きなデメリットですね。

ただ、電子書籍を数ヶ月使ってみて、慣れればそこまで苦じゃないなと感じました。

圧倒的に手軽でお得というメリットが勝ったからです。

その他のデメリットである、目の疲れについては、電子書籍リーダーを購入することで解決できます。

リーダーは電子ペーパーと呼ばれるデバイスで表示されるため、目に優しく疲れにくいです。

しかし、リーダーの初期費用がかかることもデメリットの一つです。

それでも、身軽さ、目が疲れにくいこと、充電が週数間持つこと、余計な機能がないため読書に集中できるという利点を考えると、そこまで大きな欠点とは言えないでしょう。

私自身も、いずれは電子書籍リーダーを購入したいと考えています。

ただ、電子書籍ストアが閉店した場合、購入した本が読めなくなる恐れがあります。

せっかく買った本が読めなくなるのは困りますよね。

ですが、Amazonが運営するKindle、楽天の楽天Koboなど、有名企業が運営する電子書籍ストアを選ぶと、よっぽどのことがない限り、そのような事態にはならないと考えられます。

こんな人におすすめ
・移動中に本が読みたい
・部屋が狭くて保管場所に困っている
・漫画をたくさん読む
・ミニマリストを目指している
・お得に本を買いたい

紙の本のメリット・デメリット

なんだかんだ言っても、やっぱり紙の本はいいですよね。

読後も電子書籍より記憶に残りやすい気がしますし。

  • 手に取ってページをめくることができる
  • 本の貸し借りができる
  • たくさんジャンルがあって品揃えが豊富
  • 電気やネットがいらない

紙の本にはこのようなメリットがあります。

紙の本の良さはページを自分の手でめくることができる点です。

見開きの厚さであとどれくらいなのかもわかります。

終わりに近づいてくると、あとこれだけなのかと大事に読みたくなるのは私だけでしょうか。

ページをめくる行為は、紙の本の醍醐味と言えます。

また、ジャンルがたくさんあって電子書籍と比べると品揃えが豊富なのも魅力的です。

書店に行くとワクワクするのは、膨大な数の本に囲まれていると感じられるからなのかもしれません。

それに、電気やネットが必要ない紙の本は、常にネット、SNSなどの情報で溢れている現代社会から少しだけ離れられるオアシスのように感じられます。

小さい頃から慣れ親しんだ紙の本はこれから先も大事にしていきたいですよね。

しかし、デメリットもあります。

  • 場所を取る
  • 持ち運べる数に限りがある
  • 書店まで足を運ぶ、ネットで買ってもタイムラグがある
  • 在庫切れになることがある

大きなデメリットとしては、場所を取るため、スペース確保が大変となるという点です。

小説、漫画などシリーズや作者ごとに集めて、本棚に並べていくと、コレクション欲が満たされますが、場所がないことには収納できません。

また、持ち運べる数も限られているため、移動中に読む本は厳選して選ばなければなりません。

さらに、書店まで足を運んだり、ネットで買ってもタイムラグがあるのも、デメリットの一つとして挙げられます。

時間に追われがちな現代社会ですから、削れる時間は削っていきたいもの。

購入後すぐに読める電子書籍と比べると、デメリットに感じてしまいます。

しかし、やっぱり紙の本は強いです。

廃れることがないでしょうから。

個人的には、いくら便利になるからと言って、易々と紙の本から離れることはできません。

こんな人におすすめ
・実物を手に取って読書したい
・たくさんの本に囲まれたい
・家族や友人と本の貸し借りをする

電子書籍は潔癖症やミニマリストの人に向いている

経年劣化がなく、他人が触ることもほぼない電子書籍は潔癖症の人にとって、ありがたいアイテムです。

また、近年増えてきているミニマリストの人たちにとっても電子書籍はマストアイテムと言えるでしょう。

当然、極度の潔癖症かつ、ミニマリストを目指す私も、電子書籍は魅力的でしたが、使い始めるまで時間がかかりました。

しかし、きっかけは今年になってから突然、訪れました。

コロナの恐怖から電子書籍デビュー

私は自他ともに認める、極度の潔癖症です。

例えば、

  • 外から持ち帰ったものはウェットティッシュで除菌する
  • 現金は極力使わず、キャッシュレス決済で支払う
  • 頻繁に手を洗う

など、少し強迫観念も混ざってるような潔癖症体質です。

そして、今年はさらにコロナ対策にも気を配り、毎日見えないウイルスに怯えながら徹底的な除菌、消毒を行っています。

もともと潔癖症なので、除菌をすることはコロナ前とそこまで大きな変化はありませんが、一つ変わったことがあります。

あれ、本屋さんの本って何人の人が触ってるんだろう・・・

急に紙の本に付着してるであろうウイルスが怖くなったんですね。

ネットで買ったとしても誰かしらの手には触れているわけで、もうそこは気の問題でしかないのですが、どうしても怖くて、しばらく本を買うことは控えていました。

今までは、読書好きとして、どれだけ潔癖症でも紙の本で読むことは譲れませんでした。

もちろん、古本は苦手なので新品の本に限りますが・・・

このように、今まで電子書籍に手を伸ばしてこなかったのは紙の本で読むというこだわりがあったからです。

しかし、今年はコロナウイルスによって見えない菌に対しての恐怖がより大きくなりました。

そこで、今までなんとなく遠ざけてた電子書籍に手を伸ばしてみることにしたわけです。

使い始めて大正解でした。

紙の本とは違った魅力にハマって、もっと早く使えばよかったと実感しています。

実際使ってみた、Kindleと楽天Koboのレビュー

現在、Kindle楽天Koboのアプリで読書を楽しんでいるのですが、どちらも使いやすくて、初心者の私でもすぐに使いこなすことができるようになりました。

スマホのアプリしか使っていないので、リーダーの使用感などについてはわかりませんが、レビューしていきたいと思います。

プライム会員はAmazonプライム・リーディングを使うべし

私は、Amazonプライム会員なのですが、電子書籍を使うにあたって、とてもお得なサービスがあることに気が付きました。

それが、Amazonプライム・リーディングというサービスです。

Kindleのアプリをダウンロードし、ログインすればすぐに使えるようになります。

  • プライム会員なら追加料金なしで利用できる
  • 対象の小説、漫画、雑誌、実用書などが読み放題

若干、ビジネス本が多いような気がしますが、池井戸潤さんや石田衣良さんなどの人気作家の作品も入っています。

私の大好きなクレヨンしんちゃんの原作も10冊ほど入っていて、一瞬でプライム・リーディングの虜になってしまいました。


ただし、対象の作品をダウンロードするのは10冊までしかできません。

つまり、クレヨンしんちゃんの漫画を10巻全てダウンロードすれば、他に読みたい小説や雑誌があったとしても読み終えたものから削除しないとダウンロードできないということです。

ダウンロードしておけばオフラインでも読めるので、ネット環境でなくても問題なく利用できます。

Amazonプライム・リーディングの存在を知らないプライム会員の方は意外と多いと思うので、是非試してほしいサービスです。

当然、Kindleストアで購入した本も同じアプリで管理できるため、Amazonアカウントがある方、有料のプライム会員の方にはおすすめの電子書籍サービスとなっています。

Kindle

Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ
こんな人におすすめ
・Amazonを利用することが多い
・有料のAmazonプライム会員
・Kindle Paperwhiteを使いたい

楽天ポイントがザクザク貯まる楽天Kobo

私が、実際よく使うのは楽天Koboです。

楽天経済圏で生活している私にとって、楽天ポイントが貯まりやすい楽天Koboの方が使い勝手がいいというのが本音です。

初めて利用した際には、500円オフのクーポンをもらいました。

随時、クーポンの内容は変わるようですが、初回でしたら誰でも使えるので、楽天Koboを試してみたい人にもおすすめできます。

そして、楽天会員であれば、楽天Koboアプリをダウンロードし、ログインすればそのまま利用できます。

  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 電子書籍では珍しい洋書の取り扱いがある
  • 毎週クーポンが届く

楽天Koboでは楽天ポイントがザクザク貯まります。

また、ポイントも使えるので、クーポンと併用して電子書籍をさらにお得にゲットすることも可能になり、

ポイント支払い分もポイントが付きます。

太っ腹すぎません・・・?

ポイントを使って購入すると、期間限定ポイントから優先して消費されるので、期限までに使いきれなくて失効してしまうなんてこともなくなります。

楽天ヘビーユーザーなら、楽天koboで読まない理由はないと思います。

また、楽天Koboは洋書が読める貴重なストア。

取り扱い数も豊富ですし、ジャンルも幅広いです。

そして、水曜日はレディースデー、木曜日はメンズデーと称して、毎週クーポンが届きます。

そのほかにも様々なクーポンがあるので、常にお得な買い物ができます。

楽天Kobo - 電子書籍が読めるアプリ

楽天Kobo – 電子書籍が読めるアプリ
開発元:Kobo Inc.
無料
posted withアプリーチ
こんな人におすすめ
・楽天ヘビーユーザー
・洋書を読みたい

まとめ

結局、電子書籍も紙の本もそれぞれに良さがあるんですよね。

ただ慣れているか、自分に合うかどうかってだけで、人によって感じ方が違うと思います。

私の場合は、両方のメリット・デメリットを知ったうえで、用途別に使い分けていこうと考えています。

漫画は電子書籍で読む方が楽だし、小説は紙の本で読みたいときもある。

雑誌はタブレットを使って読みたいし、自己啓発本は移動中にサクッとスマホで読む。

多分、そのときの気分で読む媒体、方法が変わると思いますが、それでいいんじゃないかなって気がします。

集中しちゃえば、そんなものどうでもよくなりますしね。

でも、コロナが怖い潔癖症の私は、しばらく電子書籍にお世話になりそうです。

紙の本が読めるようになるまでは、クーポン、ポイントを駆使して、たくさん読書を楽しみたいと思います。

電子書籍デビューに迷われてる方は一度、試してみてはいかがでしょうか?