【物が捨てられない人へ】断捨離を始めてわかった7つのメリット

ここ数年大きなブームとなっているミニマリストの影響で、“断捨離”という言葉をよく耳にするようになりました。

断捨離とは、その名の通り

  • いらない物を断つ
  • いらない物を捨てる
  • 物への執着から離れる

と、不要な物を手放すことで、ストレスや執着心が薄れて、精神的に解放される効果が期待されると言われています。

私自身も、ミニマリストに憧れを抱いたとき、最初の一歩として始めたのが”断捨離”でした。

しかし、もともと

  • 物が捨てられない
  • 片付けが苦手
  • もったいないおばけ

だったので、断捨離はおろか、物の管理自体がめちゃくちゃ下手くそでした。

だけど、続けていくうちになんとなくコツがわかってきて、どんどんハマっていったんですよね。

そこで、今回は

断捨離してみてわかったメリットと断捨離のコツ

をご紹介します。

過去の私と同じように、物がなかなか捨てられない方におすすめの記事です。

断捨離をして得られる7つのメリット

f:id:fuwamimi:20200914132834j:plain

まず、最初に気付いたのは、

断捨離のメリットはただ物が減るだけじゃない

ということです。

さまざまな効果が現れるので、片付けや断捨離に苦手意識を持っている人でも、まずは挑戦してみることが大切です。

実際、私は自他共に認める片付け下手で、断捨離に対して苦手意識がありました。

しかし、逃げ出したくなる気持ちをぐっと堪えて、何度か挑戦してみると、いくつかのメリットが見えてきました。

具体的に言うと

  • 気持ちがスッキリする
  • 時短になる
  • 掃除がしやすい
  • 決断する力がつく
  • 仕事や家事の効率があがる
  • 無駄な買い物をしなくなる
  • 物に愛着がわく

このように、7つ挙げられます。

部屋も心もスッキリする

まず、物が減ると、部屋がスッキリして精神的にも気分が軽くなります。

たとえば、不要な家具や、スペースを持て余している棚などがあれば、思い切って断捨離しましょう。

私も以前、大きな本棚を処分したのですが、部屋のサイズは変わらないのに、かなり広く感じるようになりました。

圧迫感がなくなって、快適に過ごせるようになると、気持ちも晴れやかになって有意義な時間を過ごせるようになります。

また、家具だけでなく、細々した物を処分していくことも重要です。

ゴミ袋に不要な物を捨てていく行為は、慣れないうちこそ抵抗がありますが、続けていくうちにやみつきになります。

45Lのゴミ袋がいっぱいになったときの快感と言ったら・・・!

ただ、溜めたい一心で必要な物や、この先使いそうな物まで処分してしまわないように気をつけましょう。(経験者は語る)

時短に繋がる

汚部屋時代を振り返ってみると、物が多すぎて

どこに何があるのかわからない

状態でした。

そうすると、何に困るかと言ったら

使いたい物がすぐに出てこない

ことです。

しかも急いでるときに限って、いくら探しても出てくる気配がないあの現象・・・

結局、もう一度買い直して余計な出費をしてしまうことは数え切れないほどありました。

このように、物の場所を決めておかないと使う際に

物を探す時間

を確保する必要が出てきます。

正直言って無駄でしかないですよね。

めちゃくちゃイライラするし、精神衛生上も絶対よくないです。

ただ、場所を確保するには、きちんと物を収納できるスペースを作る必要があります。

そのためにも、自分にとって不要な物は積極的に処分していく癖をつけておきましょう。

時間は有限ですから、時短に繋がる断捨離はライフハックとも言えます。

掃除がしやすくなり、常に綺麗な状態を保てる

物が少なくなったことで、格段に掃除がしやすくなります。

気になったところをササっと綺麗にできるし、掃除の習慣がつくことも大きなメリットです。

めんどくさいと思うことや後回しにすることが減るんですよね。

ズボラな私でも、物が減ってからはこまめに掃除をする癖がつきました。

また、個人的には部屋の湿度が下がったことが、一番うれしかったです。

私の部屋は家の中で異常なくらい湿気が多いのですが、除湿機を導入しても、なんか湿っぽい・・・と感じることに悩んでました。

それが、不要な物や家具を処分してからはジメジメ感がなくなったんです。

こんな単純なことだったとは、まさに灯台下暗しでした。

割と真剣に悩んでいたことだったので、断捨離することで解決したのはうれしい誤算でした。

私のように湿度が高いことに悩んでいる方は、一度断捨離をしてみることをおすすめします。

決断する力がつく

断捨離するときは必ず

  • 使う物
  • 使わない物
  • 捨てたくない物

など、決断する必要があります。

中には、使うかどうか微妙だな〜って物もあるので、そこが断捨離に苦手意識を持つ人の最大の壁だと思います。

しかし、断捨離に慣れてくると感覚的に選べるようになってきます。

不思議と、必要な物と不要な物が分けられるようになるんです。

優柔不断で捨てることが苦手だった自分がパッと取捨選択できるようになったことは、我ながら成長したなぁと感じます。

昔は、なんだかんだと捨てない理由を自分の中で作っていた気がするんですよね。

思い出の詰まってる物なんかは特に難しいですから、悩むところではあります。

ただ、今はスマホでサクッと写真に収められますし、処分するときも

「ありがとう」と、一言感謝の気持ちを口にする

だけで気持ちは全然違います。

集中力がアップして仕事や家事の効率が上がる

これまで挙げてきた

  • 部屋がスッキリしている
  • 綺麗な状態を維持している
  • 物を探すなど、余計な時間を取られない
  • 迅速に決断する力がつく

上記の4点が身につくと、テキパキと行動したり判断する力がついて、仕事や家事の効率が上がります。

また、綺麗な部屋はストレスになることも気分が落ち込むことも少ないので、集中力もアップします。

たとえば、部屋全体でなくても

机の上だけは物を置かずに綺麗に保つ

ことを徹底すれば、仕事をする気が起こったり、勉強をしようとテキストを開こうとしますよね。

断捨離をすることで、一見関係ないようなことも、良い方向に転ぶことがあるのです。

無駄遣いしなくなって、貯金ができる

そもそも、物が減ると

本当に必要な物しか買わなくなります。

無駄遣いしなくなったんですよね。

私は、もともと物欲はない方なんですけど、100均が大好きで

安いからいっか〜

と軽い気持ちでポンポン買ってた時期がありました。

当時は某100均でバイトをしてたので、出勤のたびに何かしら買って帰っていたのを覚えてます。

今考えると

働いたお金をドブに捨てたな

と思いますが、勤務中にいろんな商品と出会ってしまって、ついつい手を伸ばしてました。

そんな安物買いの銭失いを繰り返してた私ですが、断捨離を始めてから

物を増やすのが嫌

で、本当に必要な物しか買わなくなりました。

今でも100均は大好きですが

  • 絶対に使うと決まっている商品
  • 何度もリピ買いしてる商品

だけと決めてお店に行くようにしてます。

インスタなどで情報収集してるので、新商品など買うときはレビューを参考にして、衝動買いには気をつけるようになりました。

  • 物を増やしたくない
  • 無駄遣いしたくない

マインドになれたのも断捨離の影響が大きいです。

また、断捨離の際に出た不要な物は、メルカリで売れることもあります。

意外な物も売れたりするので、迷ったらとりあえず出品してみましょう。

物を処分することで、お金に変わることもモチベーションが上がって楽しいですよ。

物に愛着がわいて大切に使うようになる

厳選された物たちなので、やはり愛着がわきます。

そして、本当に自分が好きで使いやすい物がわかってきて、大事に扱うようになります。

個人的には、自分がこだわる基準みたいなものもわかるようになりました。

物を購入する際、たとえば

  • デザイン
  • 質感
  • 利便性
  • 長く使えるものか

と、しっくりくる物を見極める能力がついて、買い物で失敗することは、なくなった気がします。

断捨離から影響を受けていることは、思ってる以上に多いです。

 断捨離の注意点、後悔しない物の捨て方

断捨離をする際に気をつけたいのが

断捨離ハイ

になることです。

私も断捨離にハマりたての頃は、なんでもかんでも捨ててました。

部屋がスッキリするし、ゴミ袋がパンパンに膨れると謎の達成感があったんですよね。

今思えば、あれは完全に断捨離ハイでした。

捨ててしまってから後悔しないためにも、断捨離の際はよく考えてから処分することをおすすめします。

私が実践している方法としては

  • 衝動的に物を捨てない
  • 計画を立てる
  • 断捨離の目的を理解しておく

この3点を特に意識して断捨離をしています。

衝動的になったり、焦ったりすることがないように、時間にはゆとりを持つようにします。

また、断捨離は物を捨てることが目的ではないことも頭の片隅に置いておきたいことです。

確かに物が少ないと、今まで挙げてきたようなメリットを得ることができます。

しかし、断捨離するという行為にとらわれすぎないことも、とても重要です。

捨てることが苦手な人でも簡単にできる断捨離のコツ

捨てることが苦手な人は

  • まだ使えるのにもったいない
  • いつか使う日が来るかもしれない

もったいない精神が強いと思います。

ここから脱するのがなかなか難しいですよね。

私自身も未だに

もったいないな・・・

と捨てるのに躊躇するものもあります。

しかし、その

「いつか」はこない

と思った方が気が楽です。

それが買い直せる物であれば、なおさら思い悩む必要はなくなります。

最悪、買い直したらいいか〜

と思って手放すと、意外と買い直すほどの物ではなかったと気付くこともあります。

逆に

  • 買い直しがきかない物
  • 絶版、廃盤になってる物

は無理して捨てる必要はありません。

その点を注意しておくと、迷ったときに判断しやすくなりますよ。

まとめ|断捨離は快適な生活にするための工夫

断捨離は、ただ物を捨てるだけでは意味がありません。

自分の生活を快適にするための手段の一つとして、うまく活用していけば

  • 気持ちがスッキリする
  • 時短になる
  • 掃除がしやすい
  • 決断する力がつく
  • 仕事や家事の効率があがる
  • 無駄な買い物をしなくなる
  • 物に愛着がわく

たくさんのメリットを実感できるでしょう。

自分にとって心地良い暮らしに近づけるヒントとして、断捨離の魅力をまとめてみました。

意外と物がなくても、困ることはありません。

是非、試してみてください。