【必読】気分が落ち込んだときに試したい7つの対処法

人間誰しも気分が落ち込んでしまうときがありますよね。

今年は特にコロナで自粛や制限がかかり、そのストレスから、なんとなく気分が沈んでしまう方も多いと思います。

私自身も、コロナに過敏になっていて、以前よりもストレスを感じやすくなりました。

また、私はHSPという繊細な気質を持っており、日頃から些細なことですぐに落ち込んでしまう性格のため、気分の浮き沈みが激しいです。

そんなときに少しでも気持ちを軽くするために実践している7つのことがあります。

簡単に言うと、

  • 寝る
  • 本を読む
  • 映画を見る
  • 人に話す
  • 紙に書く
  • 料理する
  • 掃除する

どれかを選んで実践するだけです。

ご覧の通り、王道すぎる普通の対処法となっていますが、おすすめアイテムや実際に試してみての効果や、感じたことなども踏まえてご紹介します。

  • HSPの人
  • なんとなく気分が落ち込む
  • ストレス発散したい

そんな方におすすめの記事となっています。

原因を深追いしない

なんとなく気分が落ち込むときって、悩みごとや心配ごとがあるときが多いと思いませんか?

例えば、日頃の仕事のプレッシャーから、休日も気分が沈んでしまったり。

何事もうまくいかなくて、やる気が起こらなかったり。

今のこのご時世もそうですよね。

誰もが、自分や家族がコロナに感染しないか不安で、常に精神的、体力的にストレスがかかっている状態です。

つまり、いろんな要因が重なって、気分が下がってしまうわけなんです。

だから、むやみに原因を追及しない。

ストレスの原因を特定したところで、全部解決するかって言ったらそうではないですし。

考え始めると、また落ち込んでしまう負のループが待っているだけなんですよね。

原因に心当たりがあろうが、なかろうが、そっとしておきましょう。

気持ちを軽くするのに重要なのは

「考えない」

ことです。

気分が落ち込んだときの対処法

とは言いつつも、考えることをやめるのは、なかなか難しいです。

特に私のようなHSPの人は、”無”の状態になれるのは寝ているときだけなのではないかと思うくらい、頭の中では常に何かをグルグルと考えています。

そこで、効果的なのが

趣味に没頭すること

です。

別に趣味じゃなくても構いません。

没頭できる何かにひたすら向き合うんです。

つまり、嫌な感情を忘れる努力をしてみるということです。

何もかも放置して寝る

手っ取り早い方法は、

つべこべ言わず、今すぐ寝る!

です。

何もかも放り出して寝ます。

これが即効性があって、確実に気分が楽になる方法です。

考えすぎて脳が疲れると、当然体もだるくなったり、疲れやすくなります。

脳疲労は、言わば脳の筋肉痛ですから、しっかりと眠って休ませましょう。

また、昼間に比べて夜はネガティブになりやすいので、意識的にスマホから離れて布団に入ることも重要です。

ちなみに、私はニトリのホテルスタイルシリーズの枕を使い始めてから、格段と睡眠の質が良くなりました。


ホテルスタイルまくら (Nホテル スタンダード) 枕 ニトリ 【玄関先迄納品】 〔合計金額11,000円以上送料無料対象商品〕

お値段以上すぎる神アイテムです。

ホテルスタイルシリーズの中で一番安いものですが、めちゃくちゃいい仕事をしてくれます。

今までは首を寝違えたり、ちょうど良い高さ、柔らかさの枕に巡り合えず、眠りが浅いのが悩みでしたが、こちらの枕を使い始めてからは、本当によく眠れるようになりました。

寝つきが悪く、眠りが浅い人に是非おすすめしたいアイテムです。

質の良い睡眠を取れば、心身ともに疲れが取れて、気分も楽になります。

読書をする

コロナで旅行や遠出も難しい今だからこそ、非現実的な想像の世界を旅してみるのもアリだと思います。

映像と違って、本の中では自分のイメージ通りの世界が広がるので、面白いですよね。

擬似的な旅行で、気晴らしにはちょうど良いのではないでしょうか。

ここで大事なのが、自己啓発本やビジネス本などではなく、小説やライトノベルなどの娯楽として楽しむ本を選びます。

なるべく、気分が明るくなるような作品が良いですね。


読後に元気が出るビタミン小説です。

サラッと読めるので、読書が苦手な方にもおすすめできます。

ただ、私の場合は、ミステリー小説が好きで、どうしても読みたくなってしまうため、後味の悪い”イヤミス”作品を読んでいます。

今も少しずつ読み進めています。


真梨幸子さんの作品はイヤミス度が高くて、最高に後味が悪いですが、ついつい時間を忘れて没頭してしまいます。

自分の好きなジャンルの小説を読むと没頭できて、落ち込んでた気分も忘れられるでしょう。

また、普段は本を読まない方でも、Amazonプライム会員に登録していれば、プライムリーディングというサービスを使って、無料で本が読めます。

追加料金なしでプライム対象の本が読み放題なので、使って損はないです。

映画を見る

映画を見ることも、即効性のある対処法と言えます。

とにかくポジティブになれる作品を選びます。

ミュージカル映画なんかは音楽とともにストーリーが展開されるため、あっという間に引き込まれますよね。

そこでおすすめしたいのが、2007年に公開されたミュージカル映画「ヘアスプレー」です。


主人公トレーシーの底抜けの明るさには、見ていて元気をもらえます。

また、ハイパワーな歌とダンスで、見終わった頃には、気分がスカッと晴れるような作品です。

60年代のアメリカを舞台にしているので、ファッションもレトロで可愛いですよ。

また、ポジティブ映画といえば、こちらも是非見てほしい作品です。


主人公レネーがあるハプニングから超ポジティブになるんですけど、こっちまでつられて前向きになります。

体型に自信がないレネーが、自分は美人だと思い込んで、自信のある振る舞いをすることで、体型は変わってないのに、どんどん可愛く見えてくるんですよね。

気の持ちようってすごい大事だなって思いました。

この映画を見たあとは、しばらくポジティブになれるので、落ち込んだときは見るようにしてます。

どちらも現在、AmazonプライムU-NEXTで配信されています。

(2020年8月時点のものなので、最新の配信状況は公式サイトでご確認ください。)

料理をする

没頭シリーズ、続いては料理です。

毎日行う家事ですから、嫌だと思われるかもしれませんが、たまには手の込んだ料理を作ってみるのも、気分転換になります。

作ったあとの達成感も気持ちが良いですし、自信にも繋がって一石二鳥なんです。

また、食器にもこだわってみると、いつもと同じメニューでも違って見えますよ。


【クーポン配布中】 白山陶器 コモ プレート 大 25.5cm 波佐見焼 大皿 COMMO HAKUSAN おしゃれ 青 白 日本製

最近は、ワンプレートのカフェご飯っぽくするのにハマっていて、いろんなおかずをちょっとずつ作るのが楽しいです。

何かを楽しむことで、気分が簡単に軽くなります。

掃除をする

料理に引き続き、必須の家事である掃除。

気分が落ちているときに掃除をするのは、心の中のモヤモヤまで綺麗にしてくれそうで、かなりおすすめできます。

私が実践しているのは、断捨離です。

部屋中のものをとにかく捨てる!

これがめちゃくちゃ気持ち良いんです。

昔は物が捨てられない性格でしたが、今は不要なものはどんどん捨てています。

物が減ることで、

  • 部屋のそうじがしやすくなる
  • 綺麗な状態をキープできる
  • 精神的にスッキリして安定する

メリットしかありません。

なかなか物が捨てられない方は、一度騙されたと思って断捨離に挑戦してほしいです。

一つのゴミ袋を用意して、ゴミ袋がいっぱいになるまで、などのルールを決めると断捨離しやすいかもしれません。

信頼できる人に話してみる

さて、ここまでは沈んだ気持ちを忘れるための方法をお伝えしましたが、ここからは

あえて、嫌な感情に向き合ってみる

という手段を取りたいと思います。

なんとなく気持ちがしんどくなったら、

信頼できる誰かに話してみる

ことをおすすめします。

うじうじ一人で考えてるくらいなら、家族でも友達でも話せる相手に全て吐き出してしまうのが良いです。

HSPあるあるだと思うのですが、私は、相手に相談したり自分の気持ちを話すことがとても苦手で、一人で抱え込む性格なんですね。

だけど、キャパオーバーになると爆発してしまいます。

そこでようやく家族に相談なり、話を聞いてもらうんですけど、やっぱり話したあとはスッキリするんですよね。

相手がどう思うのか、嫌な気持ちにさせないか、そればかりが先走って、勝手に相談しづらくなっていたんですけど、それはただのエゴかもと思うようになりました。

信頼し合っている相手なら、たとえどんな黒い感情を吐き出そうが、耳を傾けてくれるんです。

気心知れた仲で恥じらいがあるのかもしれませんが、ときには頼ってしまうのも一つの手なんですよ。

きっと、今まで挙げてきた対処法の中で一番気持ちが楽になる方法です。

だから、変なプライドや意地は捨てて、頼れる人にとことん頼る。

それがHSPとして生きている私が、意識して実践している対処法です。

話を聞いて助けてくれる家族には、本当に感謝です。

思ってることをひたすら紙に書く

ここ数ヶ月の日課として、適当な紙に自分の思ってることをひたすら書き殴ることをしています。

これは手軽に思考を整理できるので、超おすすめです。

モヤモヤする感情に対して、

どうしたいのか?

解決法は?

などと、全てを書き出していくというシンプルな方法です。

書くことで

  • 沈んだ気持ちの原因を特定できる
  • 解決法が見つかる場合がある
  • ごちゃごちゃした頭の中が整理される
  • 何よりスッキリする

ので、紙とペンを用意して書き殴りましょう。

紙はチラシの裏でもいいですし、ノートの切れ端でも構いません。

私は、大量のコピー用紙を常にデスクの引き出しに入れて、すぐに使えるようにしています。

まとめ|自分の気分は自分でコントロールできるようにしたい

以上、7つの対処法をご紹介しました。

どれも普段から私が実践している方法です。

HSPにとっては、気分の浮き沈みが激しいことは日常ですからね。

だから、その点も否定するのではなく、受け入れることが必要です。

要するに

自分のご機嫌は自分でとれるようにしよう!

ってことです。

これらの対処法は気持ちをコントロールする訓練だと思います。

いつもメンタルが安定していれば、自分や周りの人間にとっても良いことづくしですしね。

うまく自分の感情と付き合っていけるようになれば、もっと毎日が充実するかもしれません。

是非、一度試してみてください。